July 02, 2012

Natsuiro Kiseki 12

Hello!!

Natsuiro Kiseki was ending.
I enjoyed all 12 episodes.

4月に始まった夏色キセキもついに最終回です。
前回の衝撃のラストから、どのような結末を迎えたのでしょうか。

第12話『終わらないナツヤスミ』
話は前回の終わりから始まります。
目を覚ますと、旅館で熱を出して寝ていたはずなのに自分の部屋にいる事に気付いた夏海は、同じく事態を察知した紗季とともに困惑します。
そして、優香の電話で、また昨日を繰り返している事を知るのでした。

一方凜子はお母さんに挨拶して家を出ますが、ある事に違和感を覚えます。

駅の待合室で集合すると、まずは状況の整理をします。
最初は昨日が夢だったのだと考えますが、凜子はママの言葉が昨日と違っている事を不審に思います。

ですが、同じオーディションの日なのだから、今度こそ成功させると優香は意気込み、再度東京に向かいます。

ですが、今度は別のところで失敗してまた泣き出しますw

またみんなで優香を励まし、また東京観光をします。
そして、全ての元凶である例の神社に向かいます。

神社に入ると、優香はある事に気付きます。
この神社の名前は姫石神社。そう、全国各地にある凛子の実家の神社と同じ名前なのです。

どれだけあるのかというのはたくさんあると言うだけではっきりした事は分からないままですが、やや無理矢理ですが凛子の家から遠く離れた八丈島や浅草で御石様の親戚が願いを叶えた理由を説明してくれました。
もっとも、どうして空を飛んだりくっついたりしたのかという原理の説明はありませんでしたが、SF(少し不思議)に意味を求めてはいけませんからね。4人で願ったら叶えてくれるのでしょう。
ただ、3話で空を飛べなかった理由など、お願いがNGな条件に関しても教えて欲しかったです。そういう意味ではちょっとすっきりしませんでした。

で、その浅草の御石様が叶えてくれたお願いは、夏休みが終わらないように、という願いでした。
予想通り、翌日も8月26日を繰り返す事になります。

そして、凛子ママの言葉は今日も変わっています。
また失敗する優香ですが、夏休みは終わりません。次も8月26日です。

どうすればこの世界から抜けられるか考える夏海達ですが、優香は折角だから気分転換をしようと言い出し、終わらない夏休みを楽しもうと提案します。

それから、夏海達はオーディション会場ではなく海に行きます。

しかし、やはりというか今の異常事態に気が付いているのは4人だけではありませんでした。
夏海達がまた海で楽しんでいる時、夏海ママと凛子ママが街で鉢合わせします。

二人の関係は最後まで詳しく語られる事はありませんでしたが、昔からの知り合いのようで、すず、さなと呼び合う関係です。
久々に会った二人は喫茶店でコーヒーを飲みながら外を歩く夏休み中の学生を見ています。

昔は当然と思っていた夏休みも、大人になるとそんな事を考えていた昔を懐かしく思うようになります。
学生を羨ましく思う夏海ママですが、少し気になる事があると言って凛子ママが携帯のGPSで凛子の場所を調べると、東京にいるはずの凛子達が何故か海にいる事になっています。
いかにもわざとらしく不審に思う凛子ママですが、これ、絶対に気付いてますよね。夏海ママも経験者なのでしょうか。

その後も、みんなでテニスをしたり寝姿山に行ったりサイクリングをしたり、夏海達は終わらない夏休みを楽しみます。

翌朝、凛子が家を出ようとすると、いつ帰って来るの、という恐ろしい言葉が返って来ます。
明らかに気が付いているとは思っていましたが、ここまで来るともはや恐いですね。
さすがに終わらない日々の繰り返しをまずいと思うようになった夏海達は、オーディションのために再び東京に行く事にします。
電車の映像が明らかに使いまわしですが、気にしてはいけません。放送ギリギリまで作ってた超過密日程だったのですから、これくらい許してあげましょうw

これまでの気分転換が効いたのかオーディションでとうとう納得のパフォーマンスが出来、もう思い残す事はありません。
みんなで日付の変わる瞬間を待ちますが、また、8月26日に戻ってしまいます。

オーディションで成功する事が願いを解除する方法でないとしたら一体何なのか。
ただ、これまでと大きく違うのは、これまでは8月26日の朝だったのに対し今回は8月26日になった直後という事でした。
そして、凛子はこの異常な世界から抜け出す方法を発見します。

みんなを御石様のところに集めると、今回の願いはオーディションをやり直したいから夏休みが終わらないで欲しいという事ではなく、本当の意味で夏休みが終わらないで欲しいという願いである事を説明します。
つまり、御石様の願いを終わらせる、これまでのキセキとさよならする事が唯一の方法な訳です。

最後のお願いのために御石様に触れますが、夏海は踏ん切りが付きません。
時の流れが戻り、オーディションを受けて下田に帰ったら、紗季とはもうお別れです。
ですが、終わらないものは思い出になってくれないという紗季の言葉に覚悟を決めます。

そして、みんなで最後のお願いをします。
すると、これまでにないほど強烈な光を放ち、思わず夏海達は尻もちをついてしまいます。
言葉では表現しづらいですが、ドラゴンボールのかめはめ波みたいな光が出てましたw
見た時はびっくりしただけで済みましたが、一歩間違えたらギャグの世界ですよw

ある意味最後にして最大のサプライズに、しっかり起きていた凛子ママは意味ありげな笑顔を浮かべますが、視聴者としては1話の空中浮遊と同じくらい呆然としてしまいました。
作中で問題になる事はありませんでしたが、いくら下田市が洞戸顔負けに何もない(母親の実家がある美濃市の方が都会ですw)田舎とはいえ、あれだけ派手にやって騒ぎにならないのはおかしいですよね。
突っ込んだら負けですが、気になってしまいましたw

相変わらず夢か現実か分からない状態ですが、翌朝夏海達は最後のオーディションに向かいます。
この日の凛子ママの言葉は、早く帰って来てねでした。
そして、その日の夜、あの時と同じように夏海が熱を出します。

翌朝、夏海が目を覚ますと自分の部屋ではなく泊まっていた旅館の部屋でした。
熱はすっかり下がっていますが、あの時と違って側には紗季達はいます。
それを見て、夏海達はようやく終わらない夏休みが終わった事を確信するのでした。

そして、紗季との別れの日がやって来ます。
紗季の両親と夏海ママが挨拶をしていると、遊びに行こうと家から出て来た大樹も挨拶します。夏海の弟らしく、よく出来た子供ですね。

一方優香と凛子は、御石様のところで夏海達が来るのを待っていました。
オーディションの結果は残念でしたが、あの時と違っていい思い出になったようです。それに、また受けに行けばいいのです。
そこに、夏海と紗季がやって来ます。

もうすぐ出発なのに何故紗季がいるのか、答えは簡単です。
夏海達は御石様のところに集まったのは、最後のお願いをするためでした。

優香は紗季ちゃんが引っ越ししませんようにとお願いしようと提案しますが、夏海からあえなく却下されますw(優香曰く冗談らしい)
まあでも、これまでの夏海だったらそれに飛び付いていたかもしれませんね。
本気か冗談かはともかく、もう御石様は奇跡を起こしてくれないのだからそんな願い事に意味はありません。

御石様に触れるのではなく、みんなで手を繋ぐと、夏海達は御石様に最後のお願いをするのでした。(夏海曰くこの願いはキセキじゃないから)

『いつまでもずっと、4人が友達でいられますように!』

はい、これで終わりです。
予想していた、紗季と別れてからの4人の日常が描かれる事は、結局最後までありませんでした。
勿論、空を飛んだりくっついたり入れ替わったり分裂したり透明人間になって全裸で街を歩き回ったり過去の自分を呼び寄せたりタイムリープするなんて事もありませんでしたw

まあ、最後にまたぶっ飛んだ事されるよりは捻りがないと言われようが無難に纏めて貰う方がいいとは思いますが、終わってから日が経っていない今の時点では何とも言えません。
ただ、本当に終わってしまったんだな、という少し淋しい気持ちはあります。

最終回が完成したのはMBS放映の2日前で、BD/DVDも修正が間に合わず発売延期になるなど、水島監督が度々語っていた圧倒的な制作時間の不足は、作画などでも度々見られ、もう少し時間があればと思わせる作品でした。
そういう意味では勿体ないと思いますが、過密日程という言葉が生易しいくらいのハードスケジュールにも関わらずここまでの作品を作り上げた制作スタッフに感謝するとともに、まずはお疲れ様でしたと言いたいです。

もっとも、今後開催される夏色キセキのイベントの準備やBD/DVDの多岐に渡る修正作業などする事は山ほど残っており、むしろこれからが本当の地獄かもしれませんが、チャンスがあればまたSphereの4人を主人公にしたオリジナルアニメを期待したいです。
勿論、今度はしっかりとした準備期間が用意されている事を願いますw

正直な話、綺麗に纏めたとはいえ八丈島に行った後の紗季の生活や紗季がいなくなってからの夏海達の日常など見たいところはたくさんあります。
エンディングではそういったシーンが映されると思っていましたが、特に何もありませんでした。
そもそもフォーシーズンは夏海達にとって憧れ以上の存在でなかったからそこまで作品に関係しないのは分かるのですが、必要あったのかな?
ちなみに、1話を見返したら優香が紗季と夏海に勧めたフォーシーズンの新曲は「奇跡‐KISEKI‐」というタイトルでした。

御石様が足を引っ張るようなところもありましたが、単なる日常アニメにしなかったのは評価してもいいかもしれませんね。(すぐにネタもなくなるだろうし)
ずっと気になっていた八丈島編やオーディションなど下田を離れた話の方が面白かったところは、まあご愛嬌という事にしましょうかw

8月に行われる夏色フェスティバルで新作映像を収録したDVDが特典として貰える(もしくはBD/DVDに13話が追加される可能性がある)みたいなのでそこで真のエンディングが見られる事を期待します。
どうなるかは分かりませんが、高校になって帰って来た紗季と再会する話とか、僕が期待するようなシナリオは勿論、凛子ママと夏海ママ(涼夏さんというそうです)の過去など謎になったままの部分をはっきりさせてくれると嬉しいですね。

またみんなでオーディションを受けて、次こそ合格してアイドルデビューするってのはちょっとハッピーエンドすぎる気もしますが、みんなの夢なのだから4年後くらいに紗季と再会して再結成したフォースターズがデビューするのは最高の結末ですね。
御石様はもう超常現象を起こさないし、SFネタはもうやり尽くしたので続編はさすがに難しいでしょうが、1話限定の番外編はいくらでも作れるので夏色スタッフの働きに期待します。

全12話のレビューも終了し、僕も少し淋しいですが、始まりがあれば終わりもあります。悲しいですがそれがルールです。
ですが、まだコミックの連載は続いているし、オモシロ駅長としての活動もまだまだ続いています。

下田旅行も一回では満足出来ないし、この夏にまた行くつもりです。

まだまだ書きたい事はたくさんありますが、夏色フェスティバルで配布される新作を、まずは楽しみに待ちたいと思います。
皆様、長い間お付き合いいただきありがとうございました。

もし気になったアニメがあれば、またレビューしたいと思うので、その時はまたお付き合い下さい。
まずは、イベントの新作までしばしのお別れです。

ありがとう夏色キセキ!

YM5

ツイート

5 Comments:
  • comment below viewing threshold

    show comment

  • comment below viewing threshold

    show comment

  • comment below viewing threshold

    show comment

  • Hello rustynail1, thanks for commented.

    Sorry late reply.
    I enjoyed Natsuiro kiseki and Shimoda trip!
Eagles News
Delivered to your inbox
You'll also receive Yardbarker's daily Top 10, featuring the best sports stories from around the web. Customize your newsletter to get articles on your favorite sports and teams. And the best part? It's free!

MLB players who still might be traded in August

Gallery: Instagrams of the week

Pacquiao likely to retire in 2016

Can Vince McMahon save TNA and WWE?

WATCH: TV station airs unfortunate Ray Rice blooper

Johnson suspended for cocaine use

College football's best coordinator duos

Best fantasy options at every position

Bosh: I was close to leaving Miami

Goodell defends Ray Rice punishment

MLB trade deadline tracker and analysis

Tigers acquire David Price in blockbuster

Today's Best Stuff
For Bloggers

Join the Yardbarker Network for more promotion, traffic, and money.

Company Info
Help
What is Yardbarker?

Yardbarker is the largest network of sports blogs and pro athlete blogs on the web. This site is the hub of the Yardbarker Network, where our editors and algorithms curate the best sports content from our network and beyond.